2010年06月16日

講師にカラ出張要求 研究室ぐるみ強まる 阪大院不正経理疑惑(産経新聞)

 大阪大学大学院医学系研究科・医学部の元教授(64)の研究室で行われていたとされる一連の不正経理疑惑で、研究室側が数年前から男性講師にも「カラ出張」を求めていた疑いのあることが14日、関係者への取材でわかった。この研究室では、非常勤の「特任研究員」がカラ出張を求められていたとされるが、指導する立場でもある講師も関与していた疑いが強まったことで、研究室ぐるみで不正経理が続けられていた可能性が強まった。

 阪大の調査委員会は男性講師からすでに事情を聴いており、金の使途について調べている。

 男性講師は約10年前からこの研究室に所属。自身の研究も続ける一方で学生の指導に当たっている。

 男性講師は産経新聞の取材に対し、カラ出張について「一昨年や昨年に何度かあったと記憶している」と証言。さらに「今年の2月や3月にも少しあった」と説明した。

 男性講師によると、数年前から、他の特任研究員のケースと同様、研究室の事務担当者から事前に出張費の振り込みがあることを告げられ、その後、出張費が自身の口座に振り込まれていた。入金後、男性講師は全額を事務担当者に手渡していたという。

 男性講師は「(カラ出張を)強要されたというより、勝手に出張したことになっていたという感じだった」と証言。ただ「自分は一円も受け取っていない。この金がどのように流れて、使われたのか全然知らない」と話した。

【関連記事】
阪大院研究室、メールで給与返金指示 別の非常勤研究員に
阪大院不正経理、大学側の出張費管理にも問題 「新たな仕組み必要」
阪大院不正経理疑惑 「カラ出張費」も還流か 昨年末から計30万円
阪大キックバック受け 研究生「悩み続けた」
大阪大学医学部 研究室で給与をキックバック

強制消毒、鹿児島など3県も指定=優良種牛5頭、シロ確定―口蹄疫(時事通信)
政府、情報連絡室を設置=福島地震(時事通信)
旧軍施設跡の銘板 「強制連行」でバトル(産経新聞)
満額支給は困難=11年度子ども手当―長妻厚労相(時事通信)
菅首相会見詳報(3)「仙谷氏は煙たい存在」(産経新聞)
posted by イワサワ ヨシハル at 11:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大手との比較を徹底的に今回は紹介します。何故ここまで有名になれたのか。どうして今もなおNO1なのか。リピ率など知りたい情報を交えて解説しています。そして最大のタブーにまで踏み込んでいるので直ぐに削除されてしまうかもしれません。早めのBookmarkをお勧め致します。
Posted by スタービーチ at 2012年01月25日 05:58
溜まった時こそ目的は明確に!そして暇な時は無料動画でシコシコ!マッハ55ではあなたの欲求をとことん解消する為にできたサイトです!男女問わず取り敢えず溜まったら遊びに来て下さい!
Posted by マッハ55 at 2012年02月10日 01:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。